カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 Promo ¥ 定期注文 Promo
    小計 ¥ スポット注文 ¥ 定期注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

取り消し
-
+
¥ スポット注文 Promo ¥ 定期注文 Promo
  小計 ¥ スポット注文 ¥ 定期注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ニュース センター

酸化ストレスがペットにもたらす悪影響

ペットは、その生涯を通じて、わたしたちに幸福感を与え、その愛らしい行動でわたしたちを笑顔にしてくれます。しかし加齢による問題は、人間だけではなく、ペットにも忍び寄ります。飼い主にとって、年齢とともにペットが肉体的にも精神的にも衰えていく姿を見ることは悲しいことです。

ペットの酸化ストレスは、老齢の動物において、関節炎を引き起こす主な原因となっています。酸化ストレスは、一般的に「活性酸素による細胞の破壊」と定義され、活性酸素を中和する抗酸化物質が体内に不足しているときに発生します。

酸化は、あらゆる場所で起こる自然の法則、摂理です。避けることはできません。人間や動物の体内でも常時起こっており、寿命の長さに相関して体に累積的な影響をもたらします。多くの症状が中高年で発症するのはそのためです。

ストレスがペットにもたらす症状

長期間ストレスにさらされたペットの健康状態や行動の変化に気付いたら、素早く適切に対処する必要があります。深刻な問題に発展する可能性があるからです。以下は、ストレスがペットにもたらす症状の一部です。

食欲不振

どのような種類のストレスであれ、食欲不振をもたらす可能性があります。よってストレスが長引くと、食物の摂取量が減り、体重が減少します。

例えば、ストレスにさらされているイヌは、おもちゃ、ドア、窓の下枠など、食べ物以外のものをかじったり食べたりすることがあります。また、傷がつくまで自らの手足を舐め続けるなど、強迫的な行動をとる場合もあります。

免疫システムの弱体化

ストレスを受けると、体内で「攻撃・逃避反応」と呼ばれるメカニズムが作動し、ペットの体はコルチゾール というホルモンを放出します。コルチゾールは、筋肉への血流を促すなど、ストレスのかかる事態に対処するための自律神経系の働きを担い、体の反応を助けます。しかしストレスが慢性化すると、コルチゾールは免疫システムを弱らせるなど深刻な問題を引き起こすため、ペットのストレスレベルを最小限に抑える必要があります。

下痢

ストレスを感じる状況にあるとき、ペットの体はアドレナリンやその他の「攻撃・逃避反応」ホルモンを放出します。コルチゾールと同様、アドレナリンは、心拍数と血圧を上昇させることにより、ペットが差し迫った脅威を乗り越える手助けをします。一方、アドレナリンが放出されると胃腸への血流量が減り、下痢を引き起こしやすくなるマイナス面もあります。

統計

約5分の1以上のペットが、股関節形成異常等の変形性関節症を患っていると報告されています。また、ペットが罹る可能性のある癌の種類は多数あり、その中でも自己免疫疾患の診断を下されるペットが増えています。イヌは認知機能障害 (CCF)、あるいは認知機能障害症候群 (CDS)に罹患する可能性があり、7歳くらいから症状が出始め、人間の高齢者と同じような認知機能の低下がみられるようになります。その兆候として、失見当識、社会的交流能力の低下、不適切な排泄、破壊行動、無気力、睡眠パターンの乱れなどが挙げられます。

ペットの老化

ペットの体の代謝は、人間同様加齢とともに変化します。通常の細胞活動が、毒素等の副産物を生成し、体内に蓄積して、健康な細胞を攻撃します。偏った食生活による脂肪の過剰摂取により、免疫システムが弱まります。活性酸素が細胞機能を破壊し、軟骨などの重要組織の組成を妨害します。同時に、ペットの免疫システムは外部からもストレスを受け、汚染、化学物質、タバコの煙によって体内の酸化プロセスが加速します。

酸化ストレスにより、ペットの体は老化の兆候を顕著に示すようになります。事実、老化の主な原因は酸化であり、酸化の進行からペットを守るための1つの方法として、抗酸化物質による保護を挙げることができます。老化は防ぐことができませんが、その影響を軽減することはできます。

抗酸化物質がふんだんに含まれた食事をとることにより、老化の原因となる活性酸素の影響を最小限に抑えることができます。しかしそれだけでは十分でない場合もあります。脳の働きを高める、あるいは活性酸素を中和させる有効成分として、他にも以下があげられます。

オメガ3脂肪酸:

オメガ3脂肪酸は、ペットの全身に有益な効果をもたらします。 DHAとEPAは、一般的に、肥満を防ぎ、炎症を抑え、関節炎や癌に有効で、全体的な健康の改善に役立つと言われています。ペットに与えるオメガ3は、不純物や重金属が含まれていない高品質のものを選んでください。

ココナッツオイル:

ココナッツオイルには、高濃度の中鎖脂肪酸トリグリセリドが含まれており、疾患に有効とされる多くの栄養素が備わっています。また、高齢者や年老いたペットの脳機能を改善する効果も報告されています。

マリアアザミ:

マリアアザミは、一般的に短期/長期記憶および認識記憶障害の治療および予防に、効果が期待できると言われています。

結論:

一番お伝えしたいことは、ペットが少しでも長く、生き生きとした健康な状態でいられるように、飼い主であるわたしたちが何をすべきかということです。上記がみなさまのペットに有意義なものになることを願っています。

 

ライフバンテージの目的

身体的健康と経済的健全性が最適化された豊かな世界。それが、私たちの思い描くもの。その実現には、皆さまの幸せが重要だと信じています。だからこそ、最先端のニュートリゲノミクスと躍進するビジネスの機会を融合し、皆さまがレガシーを残せるよう応援します。

Because You Matter. 大切なのはあなたです。
買い物を続ける