カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
    小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

取り消し
-
+
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
  小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ニュース センター

夜に取り入れたい4つの習慣

私たちは皆、せわしない現代社会で生きています。
体は十分疲れているのに目が冴え、不安や考え事に囚われてなかなか寝付くことができず、そのうち眠れると信じながら横になっている夜もあることでしょう。

しかし、そんな睡眠との戦いには対処方法があります。きちんとした夜の習慣を取り入れることで、生活の基盤を整えて睡眠の質を高め、そして時間さえも手に入れることができるのです。

 


 

より良い睡眠と健康的な生活を手に入れる4つの方法:

瞑想

研究によると、瞑想はさまざまな面で生活の質を向上させることができるようです。
例えば学習や記憶といった、重要な神経細胞の情報通信を司る『灰白質(かいはくしつ)』と呼ばれる部分を修復する機能を高めます。他にも心身ともにリラックスできる、集中力を高める効果があるなど、瞑想によるメリットは多く報告されています。著名なビジネスリーダーが取り入れているとして注目されていますので、スケジュールに組み込んでみる価値はありそうです。

瞑想は雑念を払い、欲望や欲求から解放してくれます。頭を空っぽにして呼吸や感覚に集中することでうまくいくはずです。難しいように聞こえますが、瞑想をサポートしてくれるアプリなどを利用して簡単に始めることもできます。これはストレスを軽減し、より質の良い睡眠をとるための簡単でお手軽な方法です。

部屋を静かにする

睡眠をとるときに『音がしない』ということも重要な要素です。アナログ時計の秒針の音、エアコンの稼動音、水滴が垂れる音でさえ、睡眠の質を下げる原因になります。雑音の中で眠っても良質な睡眠は促されません。

ラジオの雑音のようなホワイトノイズを流すのでない限り、どんな些細な音でさえも無意識のうちに目を覚ます原因となり、睡眠に影響を及ぼします。音を無くせばより深い眠りに付けるので、目覚めとともに生活の質を上げることができるようになるのです。

もちろん防音の寝室を作るのにはお金も時間もたくさん必要ですし、あまり現実的ではないので、次のようなアイテムを使うと良いかもしれません。

・耳栓
・ノイズキャンセリングヘッドフォン
・防音ベッド

寝室で外部からの音を遮断できれば、睡眠はより深いものとなり夜中に目が覚める心配も減るでしょう。

ノンフィクションや文学作品を読む

多くの人は携帯電話やスマートフォン、タブレット、パソコンを傍らに眠りにつきます。電子機器から出るブルーライトの近くで眠ると、眠りにつく前に身体がしなくてはいけない作業が増えます。これは体内時計(概日リズム)が乱れることで起きるものです。
ブルーライトは太陽光にも含まれている光です。朝浴びると体内時計がリセットされ、体を活動状態にしてくれるものですが、本来体を休めるはずの夜間に長時間浴び続けてしまうと、体内時計の乱れから睡眠障害を引き起こしかねないのです。

幸運なことに、ノンフィクションや文芸作品を読むことはこの問題を解決するのに役立ちます。(ここで重要なのは、ハラハラするような怖い話や興奮して目が冴えてしまう本ではないということです。数学の教科書などがピッタリかもしれませんね。)

ブルーライトで身体にストレスを与える代わりに、学習や想像など、自分を高める時間を過ごせます。

1日を振り返ってノートに書き出す

1日の行動を振り返ることは、毎日の行動の効率をあげることにつながります。これは成功している会社のCEOの多くが実践する方法で、毎日の習慣に取り入れることができれば自分の行動に責任を持つことができるようにもなります。

もし夜の習慣から最高のメリットを得たいと考えているのであれば、うまくできたこと、できなかったことを記録することは目標を早く達成する近道となります。

この習慣を身に付けるためには、ベッドの横にノートを置いておくといいかもしれません。そうすればベッドに入るときにそのノートに気付き、一日を振り返ろうという気持ちになれます。

さらに、このやり方によって電子機器の使用を遠ざけ、目標とそれを達成するための方法について集中することができます。

 

これらの方法はすべて生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させることができます。

人生を改善するには、睡眠を最高のものにすることから始まります。夜間に携帯電話で気を散らしてしまう代わりに、確実に生活を向上させてくれる有益な方法を通して身体も精神も整えられる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

Our Purpose
人間は進化しなければならないのではなく、進化こそ人間そのものなのである

ライフバンテージには絶え間ない好奇心と、製品を支えるサイエンスがある。あなたの成功が未来の私たちを創り上げることを認識し、確信している。

ライフバンテージでより価値ある使命を見い出し
高きに挑もう
新規登録
  •   

    Days

  • |
  •   

    Hours

  • |
  •   

    Minutes

  • |
  •   

    Seconds

ジャパンコンベンション2018開催まで

ジャパンコンベンション2018 イベントページ
買い物を続ける

製品購入をご希望の方は、お手数ですが独立ディストリビューターへ直接お問い合わせ下さい。

OK