カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
    小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文

現在カートは空です

他の製品も購入する

あなたの担当者
取り消し
-
+
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
  小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ニュース センター

うるおいを保つ:肌の乾燥、かゆみはどうしたら防げるのか

空気の乾燥、熱いシャワー、体調不良、刺激の強い石鹸やローションなどは、肌の乾燥の原因の一部です。きちんとしたケアを怠ると、乾燥肌はかゆみや赤みを引き起こし、さらには出血を伴う場合もあります。

肌のうるおいを保つには、三日坊主で終わるような難しいケアよりも、毎日続けられるような取り入れやすいケアの方法を見つけることが大切です。ラッキーなことに、肌を柔らかく健やかに保つ方法はたくさんあります。

お風呂

お湯を張った湯船にゆっくりと浸かることは、一日頑張った身体の疲れを癒す、楽しみな時間だという人も多いかもしれません。
しかし熱いシャワーを浴びたり、熱いお湯に浸かったり、長時間入浴するのも、実は肌からうるおいを奪ってしまう一因です。熱いお湯でお肌の油分を流しすぎて、乾燥してかゆみを生じるまでになってしまってはお肌に良くありません。一番良いのは、38~40度に設定したぬるめのお風呂に5~10分浸かり、じっくり身体を芯まで温めることです。

また、身体を洗う際、肌本来の油分を取り去ってしまうような成分は入っていないものを探して、普段のシャワーアイテムとして取り入れるのも良いでしょう。肌から水分が逃げてしまわないように、お風呂上がりのまだ肌が少し濡れている状態で保湿剤を塗るのが良いとされています。

保湿剤

保湿剤の一般的な基準は、油分が多く重ければ重いほど乾燥肌には効果的だとされています。皮膚の一番上の層の栄養を閉じ込める目的で使用されるものにはワセリン、クリーム、ミネラルオイルなどが挙げられます。水分を含むクリームやローションは美容的な用途でよく好まれますが、上記のものには水分は含まれていないため乾燥肌にはより有効です。

太陽からくるカラッとした熱は肌の水分を奪ってしまうので、日焼け止めの使用は肌の乾燥を防ぐ上でも重要です。

最も効果的な保湿剤は、グリセリン、プロピレングリコール、ヒアルロン酸などの湿潤成分を含んでいます。使用している保湿剤が重すぎて肌が油っぽく感じるのであれば、肌にとって逆効果の可能性があるので、もう少し軽い使い心地のクリームを試してみたほうがよいかもしれません。

たっぷりの水分を飲むことは、健やかでみずみずしい肌を維持するために大切です。身体の75%は水分でできているので、毒素の排泄、適切な体温維持、食物の消化、臓器機能の維持、血液に重要な栄養素の運搬など、すべては水分補給にかかっていると言えます。

湿度

特に空気が乾燥しがちな冬は、肌のうるおいを保つためにケアが必要です。加湿器はお肌だけでなく喉にもとても効果的なアイテムなので、ぜひ取り入れてみてください。

掻くのは厳禁

乾燥した肌は、掻かないようにするのが一番です。肌を掻いてしまうと、皮膚の表面を傷つけてしまい、トラブルを引き起こします。ブラシやスポンジでごしごしとこすったり、柔軟剤やウールなどのチクチクする衣類、香料やアルコール成分を多く含んだ石鹸を使用したりすることは乾燥肌を招き、肌を掻いてしまう原因になることもあります。

いつまでも若々しく、健康な肌を保つためには、これらのシンプルなアドバイスをきちんと実行してみてください!

自分に合ったスキンケア製品を見つける

ライフバンテージが誇るスキンケアシステム、トゥルーサイエンスはすでにご存じでしょうか? お肌にうるおいを与え、若々しい印象へ導く成分が配合されており、お肌を乾燥から保護するのに役立ちます。


トゥルーサイエンス ビューティシステム 詳細はこちら

 

Our Purpose
人間は進化しなければならないのではなく、進化こそ人間そのものなのである

ライフバンテージには絶え間ない好奇心と、製品を支えるサイエンスがある。あなたの成功が未来の私たちを創り上げることを認識し、確信している。

ライフバンテージでより価値ある使命を見い出し
高きに挑もう
新規登録
買い物を続ける