カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
    小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

取り消し
-
+
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
  小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ニュース センター

より健康的な生活を手に入れる秘訣

身体に悪影響を及ぼす要因は様々なものがありますが、健康的な生活を送るために最も大切なものは何でしょうか。
それは『質の良い睡眠』です。

なぜ人は眠るのか?そして眠っている間に身体で何が起きているのか?

今でも科学者たちによって研究されていますが、おろそかにしがちな毎日の睡眠は、私たちが考えているよりはるかに大切だと言われています。

 

睡眠は身体を休めたり、たくさんのエネルギーを使って一日中活発に働く脳の疲れを取ったり、その日起こったことや学習したことを記憶として整理したり、ストレスを和らげて精神を安定させたり、大切な役割がいくつもあるということが解明されたからです。

これらの発見で、私たちの睡眠不足に対する意識は高まっています。

 

さらに、アメリカ疾病予防管理センター(the CDC)が睡眠不足を『社会的な健康問題である』と取り上げて以来、この問題意識は広く浸透しています。睡眠不足は、命を落としかねない労働作業中の不慮の事故、居眠り運転や判断力の低下が原因の重大な交通事故、就業中のミスにつながると、同センターは指摘しています。

健康で充実した生活を送るためにも、まずは『睡眠』そのものについて考えてみましょう。


身体への影響

睡眠中に身体のメンテナンスが行われていることは皆さんご存じだと思います。

筋肉へめぐる血液が増加することで、怪我や古くなった皮膚組織の再生や、運動した後傷ついた筋肉の修復、そして成長をサポートします。睡眠というのは、細胞レベルに至る身体の隅々まで、日中受けたダメージを元に戻そうとする最も活発な時間なのです。

健康リスクの増加

慢性的に睡眠不足の人々は、次のような健康上のリスクが増加しています:

  • 高血圧
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 心臓発作

心疾患

心疾患は、睡眠不足が関係するうち最も深刻な問題のひとつです。

アメリカの国立睡眠財団によれば、45歳以上で睡眠時間が毎日6時間以下の人々は、年齢、喫煙、運動など他の要因に関わらず、脳卒中や心臓発作を起こすリスクが2倍も高いことが分かっています。この因果関係は依然として研究され続けていますが、体内の炎症や血圧など、個人の身体に依存する生物学的要因がその究明を阻んでいます。

ホルモンバランスの乱れ


睡眠中は、様々なホルモンが身体全体に放出されます。これらのホルモンは、食欲、成長、そして筋肉の発達などの身体機能の調節に極めて重要な役割を果たしています。

睡眠不足が肥満につながる一番の理由は、ここにあります。
睡眠時間が6時間以下の人は、空腹感を引き起こすホルモンである“グレリン”のレベルが上がり、余分なものまで食べてしまう傾向にあるのです。

早期の老化

もしかすると、睡眠が身体にどれほどの影響を及ぼしているかが一番分かるのは、私たちの外見かもしれません。

睡眠が足りないと、皮膚のコラーゲンを破壊することで知られているコルチゾールというストレスホルモンが多く放出されます。これは小じわやクマ、たるみなどを引き起こします。
それだけではなく、皮膚組織の修復を助ける成長ホルモンの減少にもつながります。

免疫システム障害

免疫システムは、身体を修復しようと睡眠中にスイッチが入ります。そのため、睡眠不足の状態になると、人はより病気に感染しやすくなります。また、免疫機能に悪い影響を及ぼす“炎症性メディエーター”も増加してしまいます。

知能へ影響

認知機能の低下は、慢性睡眠不足と直接的な関係があります。身体の修復に加えて、記憶の整理も睡眠中に起こっているからです。これにより、脳は情報をフィルタリングし、最も重要な部分を保持することができます。

睡眠不足は次の機能を弱めます。

記憶力、学習力、決断力、集中力、注意力、警戒力、推理力 、
問題解決力、認識力、従事力、判断力、解釈力

つまり、十分な睡眠が取れていないと学習能力や情報処理能力が損なわれることになるのです。

精神への影響


睡眠不足は精神状態に大きな影響を与えます。アメリカのナショナルアカデミーが出版する「睡眠障害と睡眠不足」という本を含め、睡眠不足の人がうつ病のリスクが高いことを指摘する多くの文献はたくさんあります。

人が十分な睡眠を取らないと、行動や感情を制御する脳の一部に変化が起きる可能性があります。うつ病に加えて、危険行動を取る傾向を増加させる可能性があります。これらの情報に基づくと、睡眠不足の人々は気持ちの浮き沈みや怒りのコントロールの問題を抱えていることがよくあります。

どのくらいの睡眠が必要か

ここ数十年にわたるギャラップ世論調査では、米国の成人の40%が推奨睡眠量を得ていないことが分かっています。アメリカ国立衛生研究所は、年齢に応じて人が一晩で取るべき睡眠時間を定めたガイドラインを作成しました。

成人の場合、推奨されている一晩の睡眠時間は7〜8時間です。10代の推奨睡眠時間は9〜10時間、就学前の子供は少なくとも毎晩10時間必要とされています。 4歳以下の子供は11〜12時間、乳児は14〜18時間の睡眠が必要です。

 

結論はというと、誰もがもっとしっかりと睡眠をとるべき状態にあるかもしれないということです。

ですから今晩は身体のために、いつもより早く床についてはいかがでしょうか。

ライフバンテージの目的

身体的健康と経済的健全性が最適化された豊かな世界。それが、私たちの思い描くもの。その実現には、皆さまの幸せが重要だと信じています。だからこそ、最先端のニュートリゲノミクスと躍進するビジネスの機会を融合し、皆さまがレガシーを残せるよう応援します。

Because You Matter. 大切なのはあなたです。
買い物を続ける

製品購入をご希望の方は、お手数ですが独立ディストリビューターへ直接お問い合わせ下さい。

OK