カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
    小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文

現在カートは空です

他の製品も購入する

あなたの担当者
取り消し
-
+
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
  小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ニュース センター

砂糖が及ぼす驚くべき7つの影響

砂糖は悪い交際相手のようなもの。関係を断つべきだと分かっていながら、どうにも気持ちを抑えることができません。
世界保健機関(WHO)は、肥満や虫歯を予防するために、砂糖などの糖類の摂取量を平均的な体形の成人で1日あたり25g(ティースプーン6杯分)程度にするべきだと発表をしていますが、砂糖の有害性に関する社会的認知度はまだまだ低い状態です。

ドラッグやアルコールの恐ろしさは皆知っており、必要なら助けを求めることができます。
しかし砂糖においては、食べるとまるで元気が出て気分が良くなるようなふりをして、静かに忍び寄ります。砂糖の摂り過ぎによる害について考えるとき、大抵の人は虫歯やお腹周りにつく余分な脂肪を思い浮かべます。しかし本当の砂糖の悪影響は、もっと恐ろしいものなのです。

砂糖の害について一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、ついつい自分へのご褒美として甘いデザートやジュースに手が伸びてしまうこともありますよね。

しかし、白砂糖やぶどう糖果糖液糖の摂取を控えるべき次の7つの理由を知れば、きっとあなたも人生をダメにするその関係を断ちたいと思えるはずです。

 

1.外見を老けさせる

砂糖がたんぱく質と結合すると終末糖化産物(AGEs)が形成されます。この有害な分子は、コラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾力を保つたんぱく質繊維を破壊します。エラスチンやコラーゲンが失われると、顔がたるんでくるだけではなく抗酸化酵素も減少するため、日光の影響も受けやすく、しわが発生する原因にもなります。

2.内臓脂肪を増やす

脂肪は大きな筋肉の下のみならず、内臓にも蓄積します。肝臓は有能な貯蔵機能を持つ臓器ですが、肝臓に付いた脂肪滴は、非アルコール性脂肪性肝疾患を引き起こします。1980年より以前にこのような疾患はあまり見られませんでしたが、近年は増加しています。

3.糖尿病を発症させる

多くの科学研究が、糖尿病患者が増加している原因は制御不能な砂糖の過剰摂取にあると示しています。一般的に、甘い飲み物を良く飲む人は、そうでない人に比べⅡ型糖尿病の発症リスクが高いと言われています。

4.血管を硬直させる

血糖値が高いと、血管を硬直させてしまう可能性があります。そうなると血液の巡りが悪くなり、身体に酸素やその他の栄養が届きにくくなります。長期にわたると、様々な合併症を引き起こすこともあります。

5.心機能を弱める

イメージが沸きにくいかもしれませんが、砂糖と心疾患は間接的につながっています。砂糖はⅡ型糖尿病や高血圧と深い関係があり、これらは心筋梗塞などの心疾患を引き起こす大きな要因とされているからです。

6.悪玉コレステロールを増加させる

JAMA(米国医師会雑誌:the Journal of the American Medical Association)の研究によると、砂糖を多く摂取すると悪玉コレステロールが増えるのと同時に善玉コレステロールが減り、体内のコレステロールバランスが崩れます。肝臓は砂糖の過剰摂取に対し、悪玉コレステロールの生産を増やすのです。

7. 精神を蝕む

そうです、人は気分を上げて元気を出したいときに砂糖を欲しがるものです。しかし砂糖による幸福感を味わった後、脳は快感ホルモンであるドーパミンの生成が困難になります。つまり長い目でみると、気分が落ち込んでいくことになるのです。

なぜ簡単に関係を断てないのか

様々な理由で有害であると分かっていても、いざやめようとなると気乗りがしないものです。モチベーションを上げようと思っても、その依存は理性をも上回ってしまうからです。依存性について言うならば、砂糖はカフェインやたばこ、ドラッグとなんら変わりありません。他の依存性物質と同様に、ドーパミンを一気に放出して気分を良くします。気分が悪くなるのはその後です。さらに恐ろしいことに、身体には耐性がついてしまうため同じ状態を保つにはもっと多くの量を欲するようになってしまいます。

それではどうすればいいのでしょうか。精製された砂糖がどれほど有害か気づいたとき、普通の人がまずすることは単純に摂取を我慢することです。我慢するのは当然ですが、これでは止めようと思えばいつでも止められると主張するアルコール依存症患者と全く変わりません。身体に良くない砂糖を完全に摂らない生活を手に入れたいのであれば、いきなりすっぱりと止めるのはあまり有効なやり方ではないのです。
提案したいのは、ゆっくりと進めることです。1週間から3週間かけて、徐々に砂糖の摂取量を減らしていきます。突然砂糖を減らすと、食事の味が極端にまずく感じるようになります。果物や蜂蜜などの天然甘味料を使って、1週間ごとに少しずつ砂糖の使用量を減らします。そうすれば舌は段々と甘さに慣れていき、最終的にはそれまで口にしていた甘い食事や飲み物がとても甘ったるく感じるようになるでしょう。

つまりこういうことです。砂糖は生活の質を高めるものではありません。まったく逆なのです。砂糖を完全に断ち切るのは無理かもしれませんが、きちんと減らしていくことで外見や体力、そして気持ちの面でも劇的な変化が感じられるようになるはずです。長期的に砂糖を減らすことができれば、より健康的で長い人生を手に入れることができるかもしれません。

 

Our Purpose
人間は進化しなければならないのではなく、進化こそ人間そのものなのである

ライフバンテージには絶え間ない好奇心と、製品を支えるサイエンスがある。あなたの成功が未来の私たちを創り上げることを認識し、確信している。

ライフバンテージでより価値ある使命を見い出し
高きに挑もう
新規登録
買い物を続ける